人類愛善会とは

 人類愛善会は、人種、国境、宗教を問わず、志を同じくする人たちが相携えて世界の平和と人びとの幸せのために活動をする団体です。1925年 (大正14年) 6月9日、 出口王仁三郎を初代総裁として創立されました。

 

人類愛善会創立趣旨

 本会は人類愛善の大義を発揚し、全人類の親睦融和を来し、永遠に幸福と歓喜に充てる光明世界を実現するため、最善の力をつくさんことを期するものである。
 そもそも人類は本来兄弟同胞であり、一心同体である。この本義に立ちかえらんとすることは、万人霊性深奥の要求であり、また人類最高の理想である。しかるに近年世態急転して世道日に暗く、人心日に荒びてその帰趨真に憂うべく、恐るべきものがある。かくの如くにして進まんには、世界の前途は思いしらるるのである。
 されば吾等はこの際躍進して、あるいは人種、あるいは国家、あるいは宗教等あらゆる障壁を超越して人類愛善の大義にめざめ、この厄難より脱し、更に進んで地上永遠の光明世界を建設しなければならぬ。
 これ実に本会がここに設立せられたる所以である。       

大正14(1925)年6月9日

人類愛善会要綱

 以下の7項目を要綱とする。

1.世界は一つであり、人類は本来同胞である。
2.戦争と暴力を否定する。
3.われよし、つよいものがちの社会悪をなくする。
4.人間を尊重し、働くよろこびに生きる。
5.自然を愛し、健康といのちを守る。
6.民族固有の文化を重んじ、国際理解と交流につとめる。
7.人類愛善・万教同根の主旨にもとづき、世界平和の理想実現を期する。

出口王仁三郎初代総裁
ページ上部へ戻る