ブラジル・ジャンヂーラ市に送る手作りマスクを亀岡市に贈呈

ブラジル・ジャンジーラ市へ送る手作りマスクを亀岡市に贈呈

 6月19日、全国の会員から人類愛善会総本部(京都府亀岡市)に寄せられた2,386枚(大人用2,100枚、子供用286枚)の手作りマスクを、木村且哉人類愛善会事務局長(写真・右)が亀岡市役所に持参し、桂川孝裕(たかひろ)市長に手渡した。
 今月12日に、291枚を届けており、合計で2,677枚の手作りマスクが亀岡市から、姉妹都市であるブラジル・ジャンヂーラ市に送られる。
 桂川市長からは「皆さまの真心をブラジルのお届けします、ご協力に感謝いたします」とのメッセージがあった。

関連記事

ページ上部へ戻る