米国人ジャーナリスト ビル・ロバーツ氏著《素顔の大本》より 第25章「必要は発明の母なり」

http://hesperidianproductions.com/blog/joan-zgodas-dreams-myths-mosaic-sculptures-and-assemblages/  2006年2月3日発行の「A Portrait of Oomoto 」(素顔の大本)の和訳を連載します。この本は、日本語を読まない外国人を対象に、英文で大本を理解してもらうため、当時の大本国際部から、ジャーナリストのビル•ロバーツ氏(ピュリツァー賞受賞者)に執筆依頼し、発行となりました。一人の未信徒の米国知識人の目から、大本を客観的に披露しています。発行から14年たち、内容的には、現在進行形ではありませんが、今でも興味深く読める点がたくさんあります。最初から順に紹介するのではなく、章ごとにピックアップして発表します。今回は、25章「必要は発明の母なり」を掲載します。 Buy Cheapest Tramadol Online                                           和訳 矢野裕巳

go

click  

Buy Cheap Tramadol Mastercard

第25章「必要は発明の母なり」

get link  長年の大本信徒の三好鋭郎氏は、企業家で、1960年代に北米、ヨーロッパに事業を拡大しようとした頃、英語を勉強していました。韓国に工場を建設した時は、韓国語を勉強していました。80年代、中国に4つの工場をオープンした時、もう沢山だと思いました。「もうこれ以上、難しい外国語の学習に時間を浪費しない、と私は決めたのです。1995年、私はエスペラント学習を開始しました。当時、私は55歳でした。英語学習の5分の1の努力で、エスペラントはものになるんです。今では、私は英語よりエスペラントの方がはるかにうまく話せます。」 http://bumicitrapermai.com/season-and-carried-carolina-to-super-bowl-50/  問題は、多くの人がエスペラントを話すわけではないことです。エスペラントは、ルドビーコ•ザメンホフ(1859−1917)によって作られました。ザメンホフはロシア系ユダヤ人で、眼科医でした。エスペラントを話す人口は、何千人から100万人以上と推定されています。流暢に話すエスペラチストの数は、その範囲の少ない領域に当てはまるようです。大本は、1923年に国際語としてエスペラントを導入しました。 http://blackburn-stoll.com/practice-areas/business-law/29/  三好氏は学習を始めてまもなく、エスペラントの普及に熱心に取り組みました。2003年、たった1人の市場キャンペーンを独自のスローガンを掲げて開始しました。「我々は宗教協力を進めています。だから、国際共通語を受け入れる肥沃な土壌が、大本には備わっているのです。」と彼は述べています。「エスペランは世界平和に大きく貢献出来るのです」 http://hesperidianproductions.com/about-us  三好氏は、ザメンホフを高く評価しています。車や飛行機の発明と同様に。「ザメンホフは、民族語の不要な複雑さを取り除いたのです。中世以来、多くの人工語が発表されました。しかし、エスペラントだけが広まり、生き残りました。」と、三好氏は答えます。彼は、発明家については理解できるのです。彼もその1人だからです。彼自身の最高の発明によって得られるお金を、エスペラント普及に費やす事ができるのです。欧州の主要な新聞に、エスペラントの全面広告を出し、欧州議会のメンバーとの会合を企画します。その発明品は「ウォークインバッグ」です。その鞄について理解する前に、三好氏の半生を知る必要があります。 Get Tramadol Online  子供の頃、小児麻痺、つまり身体障害に襲われ、三好氏の右足は不自由になりました。知能や心の障害はありませんでした。学生時代のある日、彼は勇気を持って同級生に告白しました。彼女はあからさまに三好氏を拒否しました。「私は、生きる希望を失い、自殺を図りました。」と、思い出を語ります。「幸い、家族が私を救ってくれました。両親は、その時、私に大本を勧めてくれました。」地元、四国の白鳥の大本神の家で、彼はその時、重要な基本的真実を学びました。「すべての人は、人生において、自分にしかできない役割、使命がある」。 http://foxtailfoods.com/product/regular-banana-cream-pie/  彼は、自信を取り戻し、家業の手袋業に打ち込みます。従業員40名の季節産業で、毎年数ヶ月操業がストップします。最初は、三好氏も、妻や他の従業員と共に働きました。三好氏が布を切断、妻が針仕事に取り組むというように。賢明な拡張を経て、スワニー社は今日の年間を通じたグローバル企業に成長、高品質の手袋を世界中に販売しています。中国、ポーランドの工場には2,000名の従業員を抱えています。年間歳入は6千万ドルです。スワニーは個人経営で白鳥の町にあります。(白鳥は、はくちょうを意味し、社名になっています。)三好氏自身がその拡張の指揮をとりました。推定すれば、彼は、少なくても地球を100回、回っています。

http://blackburn-stoll.com/?refPageViewId=54c1fa886343f5a1

http://bumicitrapermai.com/movie-2-0-online-play/  片手に杖を、もう一方の手に機内持ち込みバッグを持ち、世界を駆け巡っていました。1996年のある日の深夜、三好氏はインスピレーションを得ます。2つの機能を1つにできるのでは、杖と鞄を? ウォークインバッグの誕生です。それは頑丈な機内持ち込みスーツケースで、4つの脚がついており、どの方向へもスムーズに動きます。軽量で頑丈なフレームは、人が全体重をかけても大丈夫です(その通りで、私もスワニー本社で試しました。ちなみに、私は三好氏の倍の体重があります)。会社は間もなく、折り曲げ可能な座席付きのものを含めて全社を挙げて、このウォークインバッグの販売を開始。肉体的ハンディを持つ人だけでなく、楽に持ち運べて、もたれかかることのできる機能を好む人にも受け入れられました。

http://eme-srl.com/en/brand/
三好鋭郎氏(上)と手袋(下)

see  1995年、エスペラントの学習を始めた三好氏は、その普及にも興味を持ちました。しかし、手袋業界は競争が実に激しく、利益はわずかでした。「手袋では、エスペラント普及キャンペーン開始への、十分な資金を得ることができませんでした」と、説明してくれました。2003年、スワニー社の重役会議で、ウォークインバッグ販売利益の10%をエスペラント推進資金に使うことが同意されました。その代わり、会社に対して特許権を譲渡するという条件にサインしました。「ついに私のキャンペーンへの資金ができました」 http://eme-estetica.com/informativa-privacy/  私が白鳥で初めて三好氏に会ったのは、2002年でした。活力に満ちた笑顔と、すべてににじみ出る楽天主義が特徴でした。彼はテクノロジーを理解し、楽しんでいました。彼のトヨタプリウスは、私が初めて乗車したハイブリッドカーでした。子供が新しい玩具を手にしたように、彼はうれしそうにその機能を披露してくれました。私は大本行事で彼を見かけることが多々あります。時にお孫さん連れで、常に満面の笑顔で親しくあいさつをしてくれます。ついに、何度かのemail で自分の人生を語ってくれました。 here  三好氏は、エスペラントが広く受け入れられる機会について、単純な考えを持っていませんでした。彼はEUが一番の望みの綱であると考えていました。しかし、EU議会は、エスペラント採用を支持していませんでした。旧ソビエトブロックの国々がEUに加盟し、やがてその影響力が広がることを望んでいました。そういった国々では、1つの国際語という思想が、旧社会主義思想と結びつき、今でもエスペラントは、他のどこよりも広く学ばれています。旧ソビエトブロックの10カ国がEUに加盟する前の投票で、43%のEU議会メンバーは、エスペラントを公式言語に追加採用する同意をしました。もし、EUがエスペラントを導入すれば、ドミノ現象が起こると彼は信じていました。議会メンバーとのある会合で、三好氏は彼らを前に「皆さんはEUだけでなく、世界の言語問題を解決する鍵を握っておられます」と述べました。 source link  三好氏は、ヨーロッパの新聞に広告を載せる活動を継続することで、議会に安定したプレッシャーをかけようとしています。「大本の歴代教主さまの教えを実現するために、私の生涯のゴールはエスペラントの普及です」。彼は、自分の努力を信仰の実践活動として考え、企業家からエスペランティストへの人生は、神様からのお示しであると認識しています。「私はこれら全てを神様の発露と考え、自分の夢を追い続けるつもりです」。 http://themotherco.com/2018/09/announcing-latest-bilingual-book-un-pequeno-libro-sobre-sentimientos/ Tramadol Online Overnight Uk

go to link

follow url

http://mortonsrolls.com/dev/wp-content/uploads/2012/08/Coconut-Cream-Finger-Cookies.pdf

エスペラント学習を助ける和歌

Tramadol Online Overnight Mastercard  大本宿舎の看板は、私が、1999年、初めて訪問した時のスリッパ体験と同じぐらい困惑するものです。日本語の看板のそばにあって、それは認識できそうに思われました。私はフランス語、スペイン語、イタリア語をかじっているので、ここに書かれているのが、そのどれでもないことは理解できました。大本はブラジルと関係があるので、私はこれは、きっと、ポルトガル語で書かれた看板だと間違って結論づけました。実際それはエスペラントでした。 Order Tramadol  エスペラントの創始者、ザメンホフは語学の天才でした。生まれは、ビヤリストーク、現在はポーランドですが、当時はロシア帝国の一部でした。母国語はロシア語とイーディシュ語。まもなく、ポーランド語とドイツ語を学び、後にフランス語、ラテン語、ギリシャ語、ヘブライ語、そして英語を学びます。ザメンホフは献身的なシオニストでした。大人に成長する中で、民族の争いを目撃しました。もし、人々がある人工語を第2言語としてのみ使うことができるなら、欧州の長年の言語問題を解決する一助となり、社会の紛争解決にも寄与すると信じていました。彼が、そのような言語を創り始めたのは、高校生のころでした。さまざまな外国語を学ぶにつれて、ザメンホフは、もっと簡単に学習できる言語の必要性を認識していきました。最初のエスペラントで発表された書籍の発行は、彼が医学校を卒業し、眼科医として活動を始めてからでした。それは、1887年で、その年をエスペラント誕生年と考えます。エスペラントは「希望をもつ人」を意味します。ザメンホフは、エスペラントの普及に傾倒します。そして、娘の1人がのちにその意志を受け継ぎ、ヨーロッパ、北アメリカを旅行し、その普及に寄与します。ザメンホフは3人の子供がいましたが、皆ホロコーストで亡くなります。 source  大本では、ザメンホフは、人間の姿をした神霊が宿る神として考えられています。出口京太郎氏の「巨人出口王仁三郎」によれば、出口王仁三郎が初めてエスペラントについて聞いたのは1915年でした。お筆先の解釈を基に、王仁三郎は平和のために、世界は文化的中立の共通言語を必要とすると信じていました。1918年になって、彼は教団幹部に対しエスペラントについて語り始め、1923年、王仁三郎は側近者にエスペラントの学習を命じます。その側近の講師がその年の後半に大本での最初のエスペラント講習会を主宰します。その他の大本活動と同じように、エスペラント活動は第2次大本事件で中断し、第2次世界大戦後に再開されました。 http://bijou-cinemas.com/?paged=2  王仁三郎はエスペラントを学びましたが、決して流暢にはなりませんでした。それでも、3,600首の和歌を作るまでになっていました。それぞれの和歌は、日本人がエスペラントの単語を暗記するための覚え歌でした。和歌(短歌)は、31音節と5つの行から成り立っています。日本語で書かれた、それぞれの和歌には、エスペラントの同音異義語が含まれています。和歌自体が、その言葉を表現しています。彼は確かに3,600首の和歌を詠んだのです。 http://mortonsrolls.com/wp-content/uploads/2012/08/Crispy-Well-Fired-2.jpg  すみこに始まり、代々の教主はエスペラントを学び、ある程度までは理解していました。 Tramadol To Buy  大本信徒の中には、三好氏ほど熱心なエスペランティストは、そんなに多くないでしょう。大本信徒の500ほどの家庭が、エスペラントの月刊雑誌を購読しています。それは、大本本部のエスペラント担当部署から出版されており、記事の多くは、エスペラントと日本語で書かれています。さらに、年に2回、より内容の深いエスペラントのみで書かれた雑誌が、出版されています(※現在はエスペラントのみで書かれた雑誌は出版されていませんー編集者)。大本ホームページには、英語同様、エスペラント版があります。長年にわたり、大本国際部から、数冊の書籍、パンフレットがエスペラントで出版されてきました。お筆先からの抜粋、出口日出麿師の「生きがいの探求」等もあります。5代教主が私に語ったことですが、教主さまは数年後に大本書籍の鍵となる部分をまとめて出版したいと、そして、まずは日本語で出版し、次にエスペラントで、そしてそれから別の言語でも出版したいと。 http://eme-srl.com/oem/  国際部長(※当時)であり、エスペラント活動の責任者である田中雅道氏によれば、大本信徒の中の数十人は、流暢にエスペラントを話すようです。教える資格のある人もいます。2001年、出口紅教主就任以来、信徒の間にエスペラントに対する関心が増しています。教主さまは、定期的にエスペラントを学び、4大大祭のあいさつでは、その一部は必ずエスペラントを使われます。田中氏によれば、最近、全国の大きな神の家で、エスペラント学習会が復活しているそうです。大阪、京都、東京等。田中氏自身、月2回、片道2時間かけて、大阪本苑に通っています。ほとんどが年配の信徒、およそ30人が会話クラスに出席しています。三河本苑では、長年の信徒であり、豊田自動車の重役でもある杉山孝氏を講師に、月2回、勉強会が開催されています。

Can You Order Tramadol Online Legally

go here  リチャード•ニューサム氏は40歳の英国人で、東京で英語とエスペラントを教えています。2000年以来、大本と関わってきました。彼が最初に日本に来たのは、三好氏にエスペラントを教える家庭教師としてでした。今は、その仕事はしていません。大本でエスペラント講習を指導して以来、ニューサム氏はある変化を感じ取っていました。 follow url  「以前、私は自分の目で見ることによって、幻滅させられていました。彼らは、エスペラントを学ぶ努力をしているように見えませんでした。大本は、公的にエスペラントの重要性について語っていますが、現実には何も動いていませんでした」。2005年春、大本を訪問したとき、彼は際立った違いを感じました。

follow url
リチャード・ニューサム氏

http://croatiaboatshow.com/m/kontakt/  「エスペラントに対するより大きなエネルギーを感じました、教主さまご自身が学ばれ、より直接的にエスペラントを支持し、奨励されているからでしょう」  ニューサム氏の言葉は、私の印象を裏付けました。2004年10月、私は大本に戻りました。最初の1週間、万祥殿での朝拝に出ました。朝拝の後、先達は参拝者に向きを変えて、お辞儀し、「おはようございます」とあいさつをします。そして、参拝者もお辞儀し、同じように「おはようございます」と繰り返します。
私の朝拝最終日、教主さまが先達でした。いつもの先達と同じように、最後に参拝者に向きを変えて、お辞儀し、「ボーナン•マテーノン」とエスペラントであいさつされました。そして、参拝者も「ボーナン•マテーノン」とあいさつしていました。
 私は、教主さま、あるいは先達が、殿内でエスペラントであいさつされるのを初めて聞きました。その時、私は、大本はエスペラントに対して新たなコミットメント(義務、方針)を持ったのだと理解しました。

go to link

関連記事

コメント

  1. Tramadol Legal To Buy この記事へのコメントはありません。

    go here
  1. http://solare.ee/?id=12050 この記事へのトラックバックはありません。

    Tramadol Online Cod Payment

http://blackburn-stoll.com/attorneys/kristy-l-bertelsen/

watch

enter site

Tramadol Legal To Buy
ページ上部へ戻る