モンゴル便り4 of aizenkai

★モンゴルだより

その4 カラコロムヘ

松田 達夫 
(2006.3.22)


06-0322-2.jpg銘版の贈呈式/銘版は学校の校長先生に渡されました。 3月18日・19日と、カラコルムへ行ってきました。

 モンゴルの大平原を四駆に揺られながら、長い旅をしました。 エルデニズー寺院参拝のほか、僧侶養成学校を訪問し、学長さんの案内を受けました。




06-0322-3.jpg図書室の様子です。  バーサンスレン官長は前日からアメリカへ渡航されているとのことで、4月に日本に寄られる予定だそうです。 大本本部・人類愛善会総本部にも訪問したいと言っておられたそうです。





06-0322-4.jpg記念撮影 学校では、早速準備された図書室の名盤「MIROKU NO YO」の贈呈式をさせていただきました。



学校は16世紀に造られた仏教寺院エルデニゾーの近くにあります。 同寺院にはアラビア文字が刻まれた碑文が立っていて、ハラホリンが宗際都市でもあったという往事を偲ばせます。




06-0322-5.jpg図書室の様子です。  毎日晴れの天気に恵まれ、最高気温は0度前後で川は凍っていますが、 体感温度はそんなに寒くありません。
日本にいるときよりも薄着で過ごしております。何せ、部屋の中はどこも暖かく、暑いくらいの状態です。



06-0322-6.jpg 昨夜はセンター会長と副会長と一緒に歓迎夕食会をしていただきました。
 そして今日は、予定通りモンゴルの国会議事堂を訪問し、バトツェレグ先生のコーディネートによって官房長官に面会させていただきました。
 驚いたことにこの官房長官は、かつて首相を1年間された方で、国会の歴代首相の肖像画の一つとして、大きな額に飾られていました。

ページの先頭へ