モンゴル便り2 of aizenkai

★モンゴルだより

その2 モンゴルでの生活

山田 歌男

ett.jpgモンゴル愛善センター(2階部分)とETT社(1階部分) こちらの日常をお知らせします。

 日本とは時差が1時間あります。モンゴル現地時間は、日本時間からマイナス1時間です。 日の出が午前8時30分、9時にならないと明るくなりません。

 朝の気温はマイナス20度くらいでしょうか。日中でもマイナス10度くらい。
こちらのテレビで天気予報を見ますと、各地マイナス20~30度、田舎は-40~50度と表示しています。 0度以上は全然ありませんので、わざわざマイナスをつける必要がないくらいです。

 でも不思議とあまり寒くないのです。乾いた寒さといいましょうか、寒さの質が違うのでしょう。
亀岡で神苑清掃している時とか、外を歩く時のほうがよっぽど寒いくらいです。

 10時から11時にETT社が開きますので、それからセンターに入り、まず観音様にお給仕(写真左)、朝拝、その後時間があるときはパソコンの設定・ソフトの整理、メールチェック等を行います。

 昼食は、センター横の学生食堂で 食事。肉まんとチヂミみたいなもの、肉団子のスープが美味です。値段が安いのにも驚きです。

 夜は、6時にETT社を退社です。セキュリティがかけられるので、私1人で残業ができません。できれば部屋とセンターとに両方パソコンがあれば効率よく残業ができると思います。

kannon.jpg 冬の間はETT社も、忙しい夏ほど事務仕事もなく、あまり夜遅くまで仕事をしなくて良いようですが、 時々、バーギーさんは遅くまで翻訳作業をしているようです。
また、今経営しているレンガ・ブロック工場は、コンクリが凍ったり機械が凍結したりして、常時稼動していないようです。


 皆様の関心の一つに「モンゴルのアパートの様子を知りたい」と思っておられる方が多いと思います。

 アパートは、ETT社から歩いて3~5分のロシア製のアパートです。外観はお世 辞にも綺麗とは言えませんが、住むには十分の住まいです。
地理的には、モンゴル相撲センター横、チンギスカンホテルから徒歩8分の場所です。
sumokaikan.jpgアパートから望む相撲センター 玄関には3つのドアと頑丈なドアロックがありますので、部屋に入れば安全です。4階にある部屋は、2DKの間取り、バス・トイレ付きです。
リビングは12畳くらい、寝室は8畳くらいでしょうか。4,5畳のキッチンが付いています。暖房は温水暖房、一日中室温は20度です。お風呂はバスタブもあり、45度のお湯が常時出ます。
 洗濯は電気洗濯機があり、お湯で洗濯しますのでよく汚れが落ちます。少々古いことを我慢すれば暮らしやすいですね。
nihonsyoku.jpg

キッチンには、6月の訪問団の持参した食料と、山崎さんが持参した日本食が満載してあり、今回私が持参したものと合わせて、これだけで買い物せずに2~3ヶ月は暮らせるだけの日本食があります。
 味噌・醤油・ラーメン・出汁の 素、わかめ、鰹節、梅干し、糠床、よくここまでそろえたものだと感心しております。食器も、炊飯器も、蒸し器も、鍋、フライパン、ザルまですべて揃っております。

 ただ、環境は申し分ないのですが、極度の乾燥には閉口しています。おそらく湿度10%くらいでしょう。洗濯物は部屋干しでもすぐ乾きますし、夜中にのどが痛くなったり、口が渇いたりで2~3回目が覚めます。最近はマスクをして寝るようにしています。この喉の痛みは、気管支炎になりやすいので注意をしなくてはなりません。

 リビングのソファは、引き出し型ベットになるようですので、今後、2名までの駐在員はホテルに宿泊する必要はありません。その方が格段に経費節減が出来ます。

 アパートの周囲は、都心部ですが、決して安全とは言えません。いろいろな怪しい人がウロウロしていますので、特に暗くなってからアパートに帰るときは、本当に注意が必要です。

bar.jpgbarnite.jpgバドバヤル事務局長(左)とアルタンフー経理担当(右)

 モンゴルの物価は驚くほど安いですよ。
韓国製のビールなら500ccで80円、昨日はドイツ製のシャンパン(スパークリングワイン)を400円で買いました。

bororu.jpgボロル エルデネ通訳  日本製にこだわらなければ驚くほど物価は安いです。 ただついつい、どんべいとかUFOやきそばを買ってしまいます。そうすると日本の1,5~2倍の値段です。

 先日は山崎さんの送別会ということで、チンギスカンビール工場併設のバーに行きました。 お洒落なバーで皆盛り上がりました。





ページの先頭へ