モンゴル平和祈願祭

モンゴルで平和祈願祭

 昨年9月11日、AMDA主催の世界平和祈願祭・慰霊祭がモンゴル・ウランバートル市のガンダン寺院で執行され、75人が参加した。
 ビャムバジャワ仏教学校校長のあいさつに続き、ガンダン寺院の僧侶らが世界平和祈願のお経を上げた。その後、大本祭典。祭典後、髙瀨順亮国際愛善宣教課主幹・モンゴル担当があいさつ。引き続き、難波妙AMDA理事が菅波茂代表のメッセージを代読した。
 閉会後、チョイジャムツ・ガンダン寺院管長を表敬訪問すると、管長は「将来、世界平和に貢献するため日本やモンゴルでモンゴル仏教、チベット仏教、日本の宗教と合同祭典ができることを期待している」と述べた。
(髙瀨順亮)

世界平和祈願祭・慰霊祭後の記念写真

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る